みんなの留学体験談

高校留学

●国/都市
カナダ/ビクトリア
●お名前
S.A.さん
(女性 宮城県)
●年齢
17才
●出発
2020年11月
●期間
8ヶ月
高校留学の目的
将来の夢がグランドスタッフになる事で、そのためには英語力が必要だなと思い、国際コースのある高校に進学したところ、留学制度があったからです。
今回の留学を通して成長できたと思いますか?
とても成長できた
どのような点が成長できたと思いますか?
視野が広がった
語学力がついた
コミュニケーション能力が上がった
柔軟性が上がった
忍耐力がついた
成長できたと思う具体的な内容・エピソード
私は休みの日は家族とどこかに出かけたりしていて、家族といる時間が比較的多かったです。なので家族が大好きで、留学に行った直後はひどいホームシックになりました。でも、帰国が近づいてきた頃には、もう少しカナダにいたかったなと思うようになっていたのが自分自身でもびっくりしましたし、成長したなと感じました。
また、いつもはすぐ辛いことから逃げ出す私ですが、すごく辛くて難しかったクラスで、途中で諦めないで最後まで取り続けられたところが成長したと思います。
留学前不安だったこと
自分の英語力で、言いたいことを伝えられるのか。1人でこれから英語だけでやっていけるのか。
留学前の英語力
英検準2級
ホストファミリーについて
高校時にステイしていたファミリーのお家は、すごく優しいファミリーで、相談に乗ってくれたり、時にはどこかに連れて行ってくれたりして凄く居心地のいいファミリーでした。
食事のメニュー
基本的に私は朝ごはんは食べていませんでした。
昼は、パンやベーグルにジャム等を塗ったものや、サンドイッチなど、自分が食べたいものを自分で用意する形でした。
晩は、サラダやステーキ、魚の揚げ物、ポテトのクリーム煮、ハム、ナチョス、ビーフディップ、プーティンなど、マザーが作ってくれた料理を食べていました。
日本の生活と大きく異なったところ
その服いいね!と褒めてくれる子が多くいたり、意見や思った事を自分から積極的に言う子が多かったところにびっくりしました。
滞在していたエリアについて
すごくのどかで、リスやシカをよく見かけるくらい田舎な地域でした。
週末など休みの日の過ごし方
基本的には学校から出された課題や、授業内容の復習、ノートまとめをしていました。たまに同じ家にステイしていた留学生の子と一緒に、ダウンタウンへ遊びに行ったりする事もありました。
1ヶ月のお小遣い
1~2万円
ホームシックについて
なりました。家族や友達に電話したり、現地のスタッフさん、英会話の先生など色んな人に話を聞いてもらって励ましてもらいました。また、気を紛らわすために自分の好きなアーティストのYouTubeを見たりして、とにかく考えないようにしていました。
現地サポートオフィスのサポートについて
すごく親身になって話を聞いてくださったり、サポートして下さって、本当にいい方々でした。帰国近くになったときに、オフィスにお邪魔させて頂いたのですが、その際には留学はどうだった?と聞いて下さり、私が色々な事を思い出して泣いてしまうと、サポートのスタッフさんも同情して泣いてくださり、留学来た時とは違う涙だね。成長したね!と褒めてくださって、留学中このスタッフさんにサポートして頂けてよかったなと思いました。
高校で履修した科目
Dance11, Food11, Pre-calculus11, English11
高校の授業について
English11は、私にはすごく難しかったので少し特別に対応をしてもらい、ついていけるようにしていました。それ以外はついていけました。
日本の高校との違い
授業時間がものすごく長いです。また、先程も書いたように、多くの生徒がすごく積極的に意見や自分の気持ちを手を挙げて言います。
放課後の過ごし方
毎週月曜日にバドミントンのクラブ練習をしていました。その他の曜日は、授業終わってすぐ家に帰っていました。
留学先の国の''ここがよかった''と思うところ
色々な国の人がいるので、色んな国の料理のレストランがあり、それらがすごく美味しいのと、カナダの人たちはみんなすごく優しいところがよかったです。
留学先の国のびっくりしたところ
サラダをほとんど食べないことがびっくりしました。
留学中の楽しかったこと
たまに友だちとダウンタウンに買い物に行ったことが楽しかったです。
留学中の大変だったことと、それをどう乗り越えたか
最後にとったEnglish11のクラスの中で、自分の英語力の無さに改めて気付かされたことが辛かったです。両親に電話でアドバイスをもらったり、留学生担当の先生に相談して、自分ができる最大限の事を全力でする事をひたすらしていました。
高校留学を通して変化したところ
どんなに苦しくても辛くても、最後まで諦めずに努力するようになりました。また、日本を出発した後、自分が今までいた環境のありがたみをすごく感じたので、ちょっとしたことでも、すぐに「ありがとう」と伝えるようになりました。
将来やりたいことや目標
グローバル化が進む中で、英語を使った仕事に就くことが私の夢です。
そして、友だちや子供たちに自分が留学を通して学んだことを伝えていきたいです。
●国/都市
カナダ/シャーロットタウン
●お名前
I.H.さん
(女性 宮城県)
●年齢
17才
●出発
2020年10月
●期間
9ヶ月
高校留学の目的
語学力アップのため
自己成長のため
今回の留学を通して成長できたと思いますか?
とても成長できた
どのような点が成長できたと思いますか?
視野が広がった
海外の人と話すことに慣れた
語学力がついた
コミュニケーション能力が上がった
チャレンジ精神がついた
異文化適応能力がついた
忍耐力がついた
成長できたと思う具体的な内容・エピソード
英語圏の国にいる私は英語を話さない限りコミュニケーションを取ることも勉強をすることも何かに取り組むこともできないので常に英語に追い詰められたような環境で生活していたので、語学力だけじゃなくて他にも忍耐力や異国での適応力、勉強習慣なども身につけることが出来たことから留学する前よりも成長出来たと感じます。
留学前不安だったこと
現地校での生活
留学前の英語力
英検3級
ホストファミリーについて
9ヶ月間とても手厚いサポートをしてくれて、悩んでいたり不安になったときにいつも話を聞いてくれ、コロナ禍で来た留学生の私をホストに受け入れてくれて、毎日温かいご飯を出してくれるとても素敵なファミリーでした。
食事のメニュー
(朝)ベーグル (昼)サンドイッチ、ジュース、ヨーグルト、りんご、いくつかスナック菓子 (夜) チキンorポーク、サラダ、米orパン、デザート
日本の生活と大きく異なったところ
特に大きく驚いた点はありませんが、日本と違ってカナダは、時間にルーズだったり、仕事中でも携帯をいじることができたり、日本では見かけないような光景はよくありました。
滞在していたエリアについて
小さな島国で、自然も多く、田舎のような場所でした。人口も特別多いわけではないのでみんながとてもフランクでした。
週末など休みの日の過ごし方
家族とドライブに行ったり、ファミリーみんなで映画を観たり、友達とビーチに出かけたりしました。
1ヶ月のお小遣い
1~2万円
ホームシックについて
家族や友達と連絡を取ったり、出発の際持っていった日本食を食べて気持ちを落ち着かせていました。入国後2週間隔離をしていた間にホームシックになったので隔離後はホストファミリーとひたすら楽しい時間を過ごして、とにかく現地に馴染めるように様々なことに試していました。
現地サポートオフィスのサポートについて
隔離中は特に、毎日コンタクトを取ってくれていたので安心でした。現地校に移動した際もこまめに連絡をしていただき、語学学校を訪れた際には随時、近況報告を行っておりました。
高校で履修した科目
Canadian Studies, EAL, Food and Nutrition, Physical Education
高校の授業について
最初は全然理解出来ず大変でしたが、自分で復習をしたりホームワークをしっかりと取り組むことで、最初の頃よりはついていけるようになりました。
日本の高校との違い
カナダは75分の4時間授業、免許を持っていれば自分で運転して登校する、制服がない、授業は9時から15時過ぎまで、時間にルーズなので毎日必ずオンタイムに始まるわけではない、時期によって出来るスポーツが変わる。
放課後の過ごし方
1.バレーボールのチームに所属していたのでバレーボールの練習と試合 2.ホームワーク
留学先の国の''ここがよかった''と思うところ
現地校と語学学校はフリーWi-Fiがありました。街中では使ったことがないので、分かりません。
留学先の国のびっくりしたところ
電車は無く、交通手段はバス・または自家用車の2択でした。
冬の時期はすごい量の雪が降り、時には学校が休校になることもしばしばありました。
留学中の楽しかったこと
(語学学校)周りの生徒はみんな留学生な環境なので、間違いを恐れることなく英語を話す力をつけられたので毎日楽しく英語を学べました。
(高校)語学学校で自分に自信がついたのでただ現地校へ通うだけで無く、バレーボールのクラブにも参加しました。日常生活を送るだけよりも友だちの数はとても増え、スポーツを通して語学力や友達関係も学ぶこともできて、とても楽しかったです。
留学中の大変だったことと、それをどう乗り越えたか
自分の語学レベルの低さに落ち込んだ時もありましたが、毎日の出来事を日記に書くことで目に見える語学力向上や、毎日の出来事をホストファミリーとお互いに話したことで自分の英語力の自信をつけました。
高校留学を通して変化したところ
留学をすることで語学力向上だけで無く、どんなことに対しても否定から入らずにチャレンジする気持ちを持つことができました。
将来やりたいことや目標
将来は日本や日本語・日本の歴史などに興味を持つ、日本語を母国語としない方々に英語、または日本語で教える日本語教師になりたいです。
●国/都市
カナダ/デルタ
●お名前
K.H.さん
(男性 宮城県)
●年齢
16才
●出発
2019年4月
●期間
5ヶ月
楽しかったこと
日本では経験できないような授業を体験できたことや、現地生や留学生とたくさん関わることができたこと。
つらかったこと
FoodやMedia Artのクラスでパソコンを使用した際に、ポスターを作ったりしたのでPC操作に戸惑った。また、絵本などを英語で作成したことが大変だった。
学校名
デルビューセカンダリースクール
学年
グレード10
勉強した科目
ELL, Food, Art, Media Art
学校の感想
とても小さい学校で留学生も少ないが、その分留学生と関わるなどして国際交流ができたり、現地生とのかかわりも密接だった。
授業の感想
日本では経験できない授業を体験することができた。例えばMedia Artでは、パソコンを使用してステッカーや映画を作るなどをしていた。又、システムも日本とは異なっていた。
ホームステイの感想
ホストファミリーがたまに公園やデパートに連れて行ってくれたことが楽しかった。
滞在した街の感想
バンクーバーほど便利ではなかったが、ランニングする場所や自然が多かったので、バンクーバーに滞在していた時よりもより自然を感じられた。
日本から持って行って重宝したもの
鉛筆、消しゴム、電子辞書
これから留学する方へ一言
留学することで今まで見てこなかった世界を見ることができ、新しい経験や考えを学ぶことができるのでぜひ一度留学をしてみてください。
インターサポートを選んだ理由
友人の紹介。
インターサポートをご利用いただいて
いかがでしたか?
出発前にいろいろとサポートをしていただいたおかげで、現地でいろいろなことを経験できて、とてもよい時間を過ごすことができました。
●国/都市
ニュージーランド/ロトルア
●お名前
K.A.さん
(女性 宮城県)
●年齢
18才
●出発
2019年6月
●期間
12週間
楽しかったこと
いろいろな国の人たちと関われたことです。
海外へ行こうと思った動機
海外に興味があったから。
学校名
Rotorua English Language Academy
学校の感想
学校が小さいので、生徒はもちろん先生方とも密接に関わることができました。
授業の感想
クラス分けがあるので授業にもついていきやすかったです。
滞在方法
ホームステイ
滞在先の感想
ホストファミリーは本当の親のように私に接してくれたので、かかわりやすかったです。
滞在した街の感想
牛や羊や鳥が多く、人は全体的にのんびりしていました。
日本から持って行って重宝したもの
洗顔料
これから留学する方へ一言
なんでも積極的に。
インターサポートを選んだ理由
学校のお薦めで。
インターサポートをご利用いただいて
いかがでしたか?
よかったです。
●国/都市
カナダ/ビクトリア
●お名前
S.N.さん
(女性 宮城県)
●年齢
17才
●出発
2018年10月
●期間
13週間
楽しかったこと
色んな国の友だちができたこと。クリスマスツリーを山から取ってきたこと。
つらかったこと
最初の1週間は、不安ばかりでつらかったです。授業も、最初の1週間はついていくのが大変でした。
海外へ行こうと思った動機
将来を考えたかったから。
学校名
Inlingua Victoria
学校の感想
みんな親切だったし、学校内でも不自由なく過ごせました。日本人のスタッフの方もいたので安心でした。学校では英語だけなので、すべてが勉強で、たくさん学べたと思います。
授業の感想
同じくらいのレベルの人との授業だったので、楽しく参加できました。放課後、わからないところを教えてくれたりもしました。
滞在方法
ホームステイ
滞在先の感想
ゆっくり話してくれたり、話せるようになるようにトレーニングしてくれました。シャワーを15分で終わらせなければいけなかったのは大変でした。
滞在した街の感想
とてもきれいな所でした。冬をビクトリアで過ごしましたが、あまり寒くなく、過ごしやすかったです。天気がよい日が多かった気がしました。Wi-Fiも使える所がたくさんありました。
日本から持って行って重宝したもの
ペットの写真、多めの衣服
これから留学する方へ一言
大変な時期がくると思いますが、ずっと続くわけではないと思うので大丈夫です。楽しんでください。
インターサポートを選んだ理由
学校の説明会のときに話を聞いたのと、先輩にお薦めしてもらったので、選びました。
インターサポートをご利用いただいて
いかがでしたか?
希望に合ったプランを考えてくれたし、出発前のオリエンテーションもあり、安心して行けたので、選んでよかったと思いました。
●国/都市
カナダ/ノバスコシア州ハンツポート
●お名前
K.R.さん
(女性 宮城県)
●年齢
16才
●出発
2018年6月
●期間
15週間
楽しかったこと
現地の高校での授業、季節によるイベント参加、ホストファミリーとのコミュニケーション
つらかったこと
ホームシック、ホストファミリーに気を遣いすぎてしまったこと
学校名
Horton High School
学年
Grade11
参加したクラブ活動
Me to We (ボランティア)
学校の感想
留学生受け入れ経験のある学校なので、対応がしっかりしていました。現地の生徒とも仲よくなれました。
授業の感想
全体的にわかりやすかったです。スマートフォンの使用可だったので、それで調べものもできました。もしわからないところがあっても、先生に聞けばしっかり教えてくれました。
ホームステイの感想
とてもフレンドリーでした。留学生の受け入れ年数が多いホストファミリーだったので、食事などを少しこちらに合わせてくれたりなど、とても親切でした!
滞在した街の感想
自然がいっぱいで、とても安全でした。ただ、日用品を買うにしても、車が必要だったので、ホストファミリーに協力してもらっていました。
日本から持って行って重宝したもの
日本食
これから留学する方へ一言
高校は過ごし方によっては、英語力がぐんと伸びると思います!なるべく、英語を積極的に話すとよいです!
インターサポートを選んだ理由
現地サポートや24時間対応サポートなどが充実していたから。
インターサポートをご利用いただいて
いかがでしたか?
とても助かりました。私自身、サポートを利用して、インターサポートでよかった!と思いました。
●国/都市
カナダ /バンクーバー
●お名前
K.R.さん
(女性 宮城県)
●年齢
16才
●出発
2018年6月
●期間
9週間
楽しかったこと
たくさんの国の友だちと話したこと。友達とバンクーバーの街を歩き回ったこと。語学学校の授業。
つらかったこと
ホームシック。英語がうまく話せなかったこと。
海外へ行こうと思った動機
英語の上達、文化交流、外国の教育制度を見たかったから。
学校名
VGC International College
学校の感想
学校が全体的に明るく、アットホーム。英語のレベルや出身国に関係なく、みんなが仲よし。駅からとても近く、通いやすかったです。
授業の感想
先生は優しく、わかるまでしっかり教えてくれました。授業も楽しく、飽きなかったです。
滞在方法
ホームステイ
滞在先の感想
小さい子どもがいる家庭だったので、家では勉強がしづらかったです。そのため、図書館などに行って、勉強していました。ホストファミリーは優しかったですが、少しコミュニケーションが少なかったです。
滞在した街の感想
とてもよい街です。電車やバスなどの公共交通機関が充実しているので、色々な所に出かけられます。
日本から持って行って重宝したもの
文房具、薬(風邪薬など)
これから留学する方へ一言
語学学校では、とにかくたくさん友だちを作った方が充実します。積極的に!
インターサポートを選んだ理由
現地サポートや24時間対応サポートなどが充実していたから。
インターサポートをご利用いただいて
いかがでしたか?
とても助かりました。
私自身、サポートを利用して、インターサポートでよかった!と思いました。
●国/都市
カナダ/モンタギュー
●お名前
S.M.さん
(女性 宮城県)
●年齢
17才
●出発
2017年4月
●期間
4ヶ月
楽しかったこと
12月に高校で開催されたクリスマスダンスに友だちと一緒に参加したこと。踊って話して、写真を撮って、時間を忘れて楽しんだ。
海外へ行こうと思った動機
12月に高校で開催されたクリスマスダンスに友だちと一緒に参加したこと。踊って話して、写真を撮って、時間を忘れて楽しんだ。
学校名
Montague Regional High School
学校の感想
大きすぎず居心地がよかった。
授業の感想
本当に取りたい授業を取れたし、先生や友だちが優しく教えてくれたからなんとかついていけた。
ホームステイの感想
優しく私を受け入れてくれたのがうれしかった。
滞在した街の感想
畑だらけだったけど、港や秋の紅葉が美しかった。
日本から持って行って 重宝したもの
乾燥野菜、スープ
インターサポートを選んだ理由
自分の希望に沿った留学ができると思ったから。
インターサポートをご利用いただいて
いかがでしたか?
今まで生きてきた中で最も素敵な時間をつくるお手伝いをしていただき、本当に感謝しています。
●国/都市
カナダ/ビクトリア
●お名前
M.M.さん
(女性 宮城県)
●年齢
17才
●出発
2016年12月
●期間
3ヶ月
楽しかったこと
留学生がたくさんいる高校なので、色々な国の生徒たちとお話できました。お昼の時間にタイ、フィリピン、中国、ドイツ、ブラジル、スペインの友だちとご飯を食べたり、イタリアの友だちに日本語を教えたりするなど、色々な人たちと関われたことが一番楽しかったです。
つらかったこと
Actingの授業では、ネイティブの生徒たちと一緒にセリフを覚えてステージで発表したり、その場でセリフを考え、キャラクターを創ったりと、日本人にとっては難しいアドリブ力と英会話力が試されることが非常に多く、苦悩する日々でした。
海外へ行こうと思った動機
同じくらいの年の外国の子たちは、どんな感じなのかを知りたかったからです。また、今どきの英語、使える英語を学びたかったからです。
学校名
Claremont Secondary High School
学校の感想
留学生が150人程いる学校で、よい意味でも悪い意味でも、皆留学生だからといって気にかけてくることはありません。
授業の感想
日本と比べてあまり親切ではなく、自主性を試される授業です。
ホームステイの感想
実の娘のように扱ってくれて、本当にいい人たちでした。大好きです。
これから留学する方へ一言
待っていても誰も仲良くしてくれません。でも皆優しいので、こわがることはないです!
インターサポートを選んだ理由
学校からの紹介
●国/都市
ニュージーランド/ロトルア
●お名前
K.S.さん
(女性 宮城県)
●年齢
17才
●出発
2017年4月
●期間
2ヶ月
楽しかったこと
運動会や水泳大会などの行事で、日本とは違う雰囲気を感じることができたことや、現地の高校の英語での授業を理解できたこと。
つらかったこと
現地に到着してから学校が始まるまでの期間、慣れないアクセントと、思った以上に速い英語についていくことができず、友だちがいなくて遊びに行くことも何もできなかったこと。自分が帰国するとき。
海外へ行こうと思った動機
以前に10日間アメリカに行ったときに、自分の英語力を上げると共に色々な経験をしたいと思ったから。
学校名
Rotorua Lakes High School
学校の感想
大変だったけれど楽しかった。
授業の感想
早口な先生もいて、専門用語がわからなくて大変だった。
ホームステイの感想
少しの間一緒にいた日本人の先輩にも助けてもらいながら、ホストマザーとの会話も楽しむことができて、家事も手伝ったりして、本当の自分の家のように過ごせた。
滞在した街の感想
大きすぎず小さすぎず、穏やかな人が多くて過ごしやすかった。
これから留学する方へ一言
出発する前に、心の準備をしておいた方がよい。
インターサポートを選んだ理由
高校での留学説明会の話を聞いて。
インターサポートをご利用いただいて
いかがでしたか?
検討している段階で、先輩のお話を聞けてよかった。
●国/都市
カナダ/サーニッチ
●お名前
S.U.さん
(女性 宮城県)
●年齢
17才
●出発
2017年3月
●期間
5ヶ月
楽しかったこと
カナダ人のクラスメイトと友だちになれた。
つらかったこと
授業で、日本語で訳しても意味がわからなかったとき。
海外へ行こうと思った動機
現地の同年代とふれあいたかった。
学校名
Parkland Secondary School
学校の感想
楽しかったけど、語学学校の方が楽しかった。
授業の感想
楽しかった。
ホームステイの感想
いろいろ“衝突”して大変だったけれど、最終的に話し合って理解しあえた。
滞在した街の感想
とってもいい所。自然◎、お店○、フェリー・バス・飛行機◎
日本から持って行って 重宝したもの
気持ち!!
これから留学する方へ一言
予習・復習は欠かせない!やる気があればALL OK
インターサポートを選んだ理由
学校からの紹介
インターサポートをご利用いただいて
いかがでしたか?
アットホーム
●国/都市
オーストラリア/パース
●お名前
S.K.さん
(女性 宮城県)
●年齢
17才
●出発
2017年2月
●期間
5ヶ月
楽しかったこと
日本では受けたことのない授業を受けたり、異文化にふれながら友だちとも楽しく過ごせたこと。そして、日本との違いを理解しながらも、たくさんのことを(よい面も悪い面も)見られたこと。
つらかったこと
自分の発音のせいで、言いたいことを言えずに苦労したこと。1回だけでは通じないことがあったこと。
海外へ行こうと思った動機
憧れと親戚の影響、英語への興味
学校名
Kent Street Senior High School
学校の感想
色んな友だちと関われて、楽しかった。授業も日本にないものがあった。
授業の感想
最初はわからなかったが、慣れてきたり、友だちのおかげでよくわかってきた。
ホームステイの感想
不安がたくさんあったが、時間を一緒に過ごしていって、思い出を作れた。楽しく過ごせて最後の方には、本当の家族のようになれてうれしかった。
滞在した街の感想
日本とは大きく違い、広々としていて、リラックスできる街。
日本から持って行って 重宝したもの
髪のためのトリートメント
これから留学する方へ一言
全て思い描いていた通りにはいかないこと。自分で少しずつでもがんばれば、慣れてくること。
インターサポートを選んだ理由
学校での説明会
インターサポートをご利用いただいて
いかがでしたか?
留学に多少不安もありましたが、楽しく安全に過ごせたのでよかったと思います。

← みんなの留学体験談TOPに戻る

お問合せ 資料請求 お申込みはこちら

インターサポートは宮城県仙台エリアを中心に、語学留学やワーキングホリデーなどの海外留学プログラムのカウンセリング及びお手配をしております。
[ 取り扱い海外留学プログラム ]語学留学(短期/長期)/ホームステイ/先生宅ホームステイ/ワーキングホリデー /大学留学/一年留学(認定留学・休学留学・学部留学)/高校留学/中学生・高校生の語学留学/インターンシップ/ボランティア/資格取得留学/キャリアアップ留学/親子留学/大人の留学[ お手配できる国]北アメリカ/アメリカ/カナダ/ヨーロッパ/イギリス /アイルランド/マルタ/フランス/ドイツ/スペイン/イタリア/オセアニア/オーストラリア/ニュージーランド/アジア/フィリピン/台湾
[ 留学サポートエリア ]オフィスは仙台市にあり、東北6県(宮城、岩手、福島、山形、秋田、青 森)を中心にお申込みいただいております。東京エリアや大阪エリアなど全国どこにお住まいの方でももちろんお申込みいただけます。仙台にお越しいただけない方は、メール・電話・ZOOMでカウンセリングやサポートいたします。
[ 説明会 開催地 ]宮城県仙台市 岩手 県盛岡市 福島県福島市、郡山市、白河市 山形県山形市、米沢市 秋田県秋田市 青森県青森市

page top