Finnish Wellbeing Center FWBC JAPAN -To learn better know how of Welfare So-
Information
Program
Report

視察・トレーニングプログラム
FWBCは、幅広く福祉の「実学」プログラムを充実。

FWBC JAPAN研修&視察プログラムの4つのメリット

役立つ「実学」プログラム

プログラムは、スタケス(フィンランド国立福祉研究開発所)、ラウレアンポリテク(国立高等専門学校)の協力や、日本での仙台フィンランド健康福祉センタープロジェクトの実績を活かして作られています。

だからこそ、フィンランド型福祉のプロとしての見識の深さに裏づけされた、身につく生きた実学を提案できるのです。

視察だけでなく研修にも尽力 

視察だけでは、知識・ノウハウを深めるには限界があります。
そのため、出発前、出発後に日本でレクチャー、トレーニングを行うプログラムを組み入れます。

事前の知識が現地での視察をより実り多いものにし、帰国後に実際にフィンランド型福祉をどう導入していくかを検証できます。また、高齢者介護の現場での実習トレーニングなども可能です。

ご希望に合わせたプランづくりを 

ご希望の専門分野に合わせて、行政機関、障害者福祉施設、医療的リハビリ施設、福祉ITシステム、福祉器具、福祉・介護の建築、デザインなどフィンランドの高度な福祉現場を視察することが可能です。ぜひ、ご相談ください。

FWBCスタッフが現地でサポート

研修プログラムは、通訳や日本語の教材をご用意しています。また、福祉のプロのFWBCスタッフが同行・サポートしますので、何かと安心です。

 
HOME Page Up