Finnish Wellbeing Center FWBC JAPAN -To learn better know how of Welfare So-
Information
Program
Report

仙台フィンランド健康福祉センタープロジェクト

仙台FWBCプロジェクト(仙台フィンランド健康福祉センタープロジェクト)

英文名は、"Sendai-Finnish Wellbeing Center Project"。人生の「幸福」を追求することがこのプロジェクトの究極の目的です。フィンランドと仙台市は2003年協同合意書に協印し、このプロジェクトはスタート。

FWBCはこのプロジェクトの介護ノウハウ・技術を包括的に統合したベーシックコンセプトである"Sendai Sun"を提案しプロジェクトの推進役を担っています。

国家プロジェクトとして取り組むフィンランド側は、フィンランド貿易局(FINPRO)、フィンランド国立社会福祉研究所(STAKES)、フィンランド技術庁(TEKES)、オウル市、オウル大学、民間企業、日本側は、仙台市を中心に、東北大学、東北福祉大学などの研究機関、福祉団体、日本政策投資銀行、さらに、市内企業が参加しています。

仙台市青葉区に建設したフィンランド型福祉を実践する特別養護老人ホーム「水の森せんだんの館」、「仙台フィンランド健康福祉センター・研究開発館」を拠点とし、両国の大学・企業がフィンランド型介護のサービスや、ITやハイテクを活用した健康福祉機器の研究開発を進め、健康福祉産業の創出を図ります。

 
HOME Page Up