Finnish Wellbeing Center FWBC JAPAN -To learn better know how of Welfare So-
Information
Program
Report

フィンランド大使館からのメッセージ

FWBCジャパン社へのメッセージ

フィンランド貿易局(Finpro)、および駐日フィンランド大使館商務部は西暦2000年からフィンランド健康福祉センタープロジェクト(FWBCプロジェクト)を日本国内で推進してまいりました。

FWBCプロジェクトは、フィンランドの高齢者介護コンセプトをパッケージ化して日本国内で普及啓蒙しようと、フィンランド貿易局、フィンランド国立社会福祉保健研究開発センター(STAKES)、フィンランドセンター、フィンランド技術庁および複数のフィンランドの企業の参加によって実行された野心的プロジェクトです。

我々フィンランド側にとっては仙台市というすばらしいプロジェクトパートナーを得ることができ、また本年(2005年)に仙台・フィンランド健康福祉センターの開所という区切りを迎えたのはうれしい限りです。

このFWBCプロジェクトを実行する中でFWBCフィンランド社が設立されましたが、プロジェクトの性格を考えると、FWBC社の設立は、まさにフィンランドの高齢者介護コンセプトを具現化する出来事であると認識しております。また、その日本法人であるFWBCジャパン社の設立は、日本とフィンランドの両国の間で協調して進行しているFWBCプロジェクトにおいても、エポックメイキングな出来事でありました。

プロジェクトの統括管理であるプロジェクトマネージャーとして、ここ数年、FWBC社と一緒にフィンランドの老人介護コンセプトの普及啓蒙に勤めてきましたが、FWBC社との実り多い協力関係に関して、心より感謝申し上げたいと思います。また一緒に働く中で、FWBC社が将来にわたるコンセプトの普及、プロモーションの中心として活動することの重要性をひしひしと感じています。

FWBC社のこれまでのフィンランド高齢者介護コンセプト創出における業績はすばらしいものです。ヒルッカ・テルヴァスカリ氏を中心にまとめられたこの包括的コンセプトは、いくつかの異なる要素によって構成されているので、日本の地域ごとの、あるいは施設ごとの特性やニーズに合わせてその内容を柔軟に実現していくという点でも優れたものです。今後も日本の高齢者介護の分野において、このフィンランドコンセプトがさらに普及啓蒙されるのを望んでおりますが、そのためにもFWBC社と駐日フィンランド大使館商務部は協力し合って活動していかなくてはいけないと固く信じている次第です。

木村正裕

フィンランド大使館商務部 上席商務官
(兼 フィンランド貿易局 健康福祉統括チーム 上級コンサルタント)

 
HOME Page Up